天草 余宮隆さんの工房 朝虹窯へ〜1〜
先月末、弾丸で天草へ!!
秋に予定している陶芸家余宮隆さんのところへ行ってきました。


天草には
約200頭ほどハンドウイルカが通年で生息している、日本でも珍しい土地だそう。
そのことからデザインされた愛らしいイルカ飛行機に乗って博多から天草へ。


ついた日はもう夕方、
余宮家のみなさんとご一緒させていただき
余宮さんのご実家で美味しい天草の旬をいただきながら
たくさん飲んで、たくさん話をして、
お付き合いいただきました。

__.JPG

座った余宮さんの背中の壁かかっていた余宮さん小学生のときの版画作品。
図工の先生に夏休み毎日のように海に連れていかれて
それで描いた
と人事のようにぽーんと話した言葉とはうらはらの作品の迫力に
余宮さんという人のエネルギーというか、
一見したらやさしい余宮さんが
今こうやって力強くろくろをひいているということに
合点がいった気がした瞬間でした。




そして前方真ん中に見える
行ったほうがいいとオススメしてくれた海の目の前の露天風呂に
酔って寝過ごし入れないという失態をした恨めしい気持ちの朝。



とはいえ、
朝ごはんを食べるところの前もかなりの景色でした。












青のグラデーションがどこまでもつづく海。
突き抜けた青の美しさに気持ちが動かされます。


そして、余宮さんの工房へ。
つぎに続きます。
 
お知らせ - -
<< NEW | TOP | OLD>>